低資金で塾を開校
  1. 加盟店募集TOP
  2. 独立開業サイトTOP
  3. 開業者レポート
  4. 湯木進悟様

湯木進悟様

湯木進悟先生

大学卒業後、出版社に6年勤務した後、フリーランスの翻訳編集記者として独立。30代からは海外に拠点を移し、7年ほど外国生活を送る。

インドでのIT分野での目ざましい成長を支える、日本とは制度が根本的に異なった現地の教育システムに感動。日本に戻って、若者たちに海外で得た経験などを分かちつつ、世界で戦える人材を育てるような仕事ができないだろうかと考えている時に、学習塾経営という道に出会う。

大都市での生活から地方都市での挑戦

最初は住み慣れた神戸での開校も考えたのですが、まだ塾そのものが少ない田舎の地方へのJターンを決意。しかし地方での開校となると、講師となる大学生の確保が絶対的に難しく、せっかく開いて生徒は集まっても教える人がいない問題が頭に重くのしかかっていました。

アシストはアルバイトの講師を雇わずに済むことに加え教室の指導とパソコンを使った授業がセットで展開されこれこそ理想の指導スタイルだと納得できたのが選んだ大きな理由です。開校を考えていた地方では進学熱が低く、小学校から塾へ通わせる人が少ないものの、逆に高校生で通える予備校も塾もないという地域性があり、中高生のニーズに応えられるアシストは大きな魅力にもなりました。ほかのほとんどのフランチャイズやシステムは小中学校どまりだったので、地元のニーズに合わずに導入を見送りました。

超基礎~上位までのレベル別テキストで安心

アシストの映像は、学校の授業のように板書の説明があり、生徒は実際に手を動かしてノートを取ったり問題を解いたりするので良いと思いました。実際に保護者に見ていただいて評判が良いです。また、レベル別のテキストがあるので超基礎の生徒さんや上位の生徒さんが来ても対応できるので安心です。生徒たちは屈託ない子が多く、私になついてきます。コンピュータ関係の仕事をしていたころは人との関係が少なかったので余計に楽しく感じます。学校のテストで10点20点しか取れなかった生徒たちが70点80点へ上がってびっくり。すぐに電話が鳴って入塾希望の問い合わせが来てまたまたびっくりでした。

収支バランスは他のチェーンと段違い。すぐに黒字化に到達しました。

アシストで開業すると、10名から赤字にはならなくなる計算です。実際に早い段階で10名以上の生徒が集まって、開校して半年で予想外の30名近い生徒でにぎわうようになりました。もし20名以上を集めなければ常に赤字というビジネスモデルですと地方では開業は難しかったと思います。

この地域での広告戦略としてよかったのは、多くの人が読んでいるコミュニティ情報誌に広告を掲載しただけで驚くような集客効果があった点です。田舎は噂や評判がすぐに広まるので最初に集まった生徒たちの成績アップを心がける指導をしていればそれだけで良い口コミが広まって生徒が集まる効果があります。

これから開校をする方にメッセージ

学生時代に塾講師としてアルバイトをしていた経験があったため、学習指導に関しては、それほど不安を感じてはいませんでしたが、本当に開業経営が自分にできるのだろうか? その分野での心配が、準備を始めても消えませんでした。ところが、ASSIST本社での開業前集中研修で、その思いが、すべて自信に変わっていったのは驚きでした。集客方法から進路指導、アフターフォローに至るまで、これだけやってダメならば、もうそれは何をやっても不可能だったということだと腹をくくれるほどになり、この堂々とした姿勢が、頼れる塾という印象につながって、懸念事項だった生徒募集の壁を突破できたと感じています。塾長が不安や心配を抱えたままでいると、それは必ず周囲にも伝わってしまいますから、絶対的な自信で開校を迎えられるようにサポートしてくださったASSIST社に感謝しています。一度こちらで開業すると決めたなら、もう一緒に心中するくらいの強い思いで臨まれることが、結局は成功のカギなのだと信じて頑張っていただければと、まだ開校して間もない私から偉そうなことは申し上げられませんが、ぜひアドバイスさせていただきたいです。なお、いきなり黒字転換する数の生徒を集められなくても、最初に集まった生徒たちへ、塾長の熱い指導姿勢が伝わっていきさえすれば、次第にそれに共感する新しい入塾希望者が増えていくものですから、焦らずどっしりと構えて指導に専念していかれることをお勧めします。ここが辛抱のしどころでしょうけど、結果を信じて励んでみてください。そのうち増え続ける生徒たちへの対応に追われる、うれしい悩みに追われる日々が必ずやってくるでしょうから!

【開業資金】
初期導入費、保証金、研修費、机・いす・タブレットなどの備品類、内装費、看板費など
総額 350万

気になったらまずはクリック!

資料請求・説明会申し込み

説明会日程

電話番号047-340-0388

開業者レポート
ページメニュー
気になった方は資料請求&説明会申し込みをどうぞ!!
資料請求・説明会申し込み
説明会の日程
説明は個人の実情に合わせて個別面談形式で行っております。具体的なお話を担当員からの説明と、お客様から直接質問することもできます。webを通じて、自宅にいながら説明会を受けることもできます。
個別説明会も可能です。
まずはお気軽にご連絡ください!
電話番号047-340-0388
スマートフォン用で表示